About RSET

GREETING FROM DIRECTOR

金沢大学理工研究域サステナブルエネルギー研究センター(RSET)の目指すところ

サステナブルエネルギー
研究センター長
三木 理

金沢大学理工研究域サステナブルエネルギー研究センター(RSET)は、安全で持続可能なエネルギー生産技術による循環型社会を構築するためのグリーンイノベーションの核となる研究拠点となるべく、平成23年4月1日に発足し、5部門体制で研究活動を活発に進めてまいりました。設置後5年を経て平成28年10月1日に、環境発電技術部門、大容量発電技術部門、バイオマスエネルギー部門の3部門体制に発展的に再編されました。RSETは、今後も、国・地域を問わずどこにでも存在する太陽光、風力や北陸の豊かな自然が生み出すバイオマスなどの再生可能エネルギーをもとに、地域で独自に生産しその地域で消費する「地産地消型」のエネルギーの効率的変換・創成・再資源化などを推進していきます。 このような研究開発や教育活動を推進することによって、地域から世界に至る幅広い各階層に貢献することを目指します。

Mission of Research Center for Sustainable Energy and Technology (RSET)

Research Center for Sustainable Energy and Technology (RSET) has been established in April, 2011 to be a core research center of green innovation for a recycle-oriented society supported by secure and sustainable energy production technology. In October, 2016, RSET has been reconstructed into three divisions developmentally: Division of Energy Harvesting Technology, Division of Renewable Power Generation, and Division of Biomass Energy. RSET promotes research on efficient conversion, creation and recycling of the energy, which is produced and consumed locally using renewable energy such as wind power, solar power and biomass energy produced in Hokuriku region. RSET aims to contribute to the bright future of world’s people through such research and education activities.